ここをクリックすると元のページに戻ります
2019年の月間更新記録

主だった月間更新記録
ページ最後へジャンプ

【1月号】
最新情報
「ゼルウィガーの新作」はここをクリックして下さい

ゼルウィガーの新作

レニー・ゼルウィガーの新作で、伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの秘話を描いた「ジュディ 虹の彼方に」、今春の公開が決まりました。

「フィンが言おうとしたことは?」はここをクリックして下さい

フィンが言おうとしたことは?

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で、ストーム・トルーパーの脱走兵フィンと主人公レイにまつわる説を、ジョン・ボイエガがツイッターで否定しました。「

「『ワンダーウーマン3』」はここをクリックして下さい

「ワンダーウーマン3」

続編「ワンダーウーマン1984」を製作中のパティ・ジェンキンス監督が、既に「ワンダーウーマン3」のストーリーもまとまっていることを明らかにしました。

「予定変更」はここをクリックして下さい

予定変更

去年の6月、年内は俳優業を休むと宣言していた「マイティ・ソー・シリーズ」のクリス・ヘムズワース36歳が、休みをさらに延長するそうです。

お先に失礼!
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」はここをクリックして下さい



スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

このスカイウォーカー家最後の「スター・ウォーズ3部作」がJ・J・エイブラムスによってスタートしてから早4年、ジョージ・ルーカスの「新たなる希望(1977年)」からは42年経つ。4年前と同様、再びエイブラムスが監督を務め、彼とクリス・テリオの書いた本作は、批評家やファンから様々な反応の中でデビューした。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位もアメリカと同じく「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」です。


【2月号】
最新情報
「オスカー・レース先行馬」はここをクリックして下さい

オスカー・レース先行馬

年々開催日が早くなり、今年は今月9日に開かれる第92回アカデミー受賞式、その授賞式に先立ち恒例の主要4部門の予想結果をお届けします。

「ロビーの新作」はここをクリックして下さい

ロビーの新作

DCコミックスの人気キャラクターを主人公にした「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」のロンドン・プレミアが先月29日、ロンドンで開催されました。

「気になる続編」はここをクリックして下さい

気になる続編

メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが、ロサンゼルスの凶悪犯罪と立ち向かう刑事コンビを演じる人気アクション映画「リーサル・ウェポン・シリーズ」。

「マーベルの最近の動き」はここをクリックして下さい

マーベルの最近の動き

「キャプテン・マーベル」続編や、X-MENのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)への合流など、マーベルの最近の動きをまとめてみましょう。

お先に失礼!
「ドクター・ドリトル」はここをクリックして下さい



ドクター・ドリトル

原作であるヒュー・ロフティングの児童文学「ドクター・ドリトル」は、ヨーロッパ発の植民地時代の物語を子どもたちへの優しい物語に変えた。「ターザン」をはじめとする1800年代後半から1900年代初頭の多くのヒーローたちと異なるのは、彼が殺したり征服したりしないことである。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「バッドボーイズ フォー・ライフ」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「キャッツ」です。


【3月号】
最新情報
「アン・モス復帰」はここをクリックして下さい

アン・モス復帰

サンフランシスコで撮影が始まったSFアクション・シリーズ「マトリックス」第4弾、トリニティ役のキャリー=アン・モスも撮影現場で目撃されました。

「バットマン降板の理由」はここをクリックして下さい

バットマン降板の理由

DCコミックの「ザ・バットマン」の監督主演を降板したベン・アフレックが、その理由をニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで語りました。

「ルスの初主演」はここをクリックして下さい

ルスの初主演

「ニキータ」、「レオン」、「LUCY/ルーシー」などで知られるリュック・ベッソン監督の最新作「ANNA/アナ」の日本公開が5月8日に決定しました。

「フォードの新作」はここをクリックして下さい

フォードの新作

ウォルト・ディズニー・スタジオの実写映画「野性の呼び声」は、アメリカで公開と同時にトップ10の2位となり、日本でも2月28日から全国公開中です。

お先に失礼!
「ドクター・ドリトル」はここをクリックして下さい



ブラームス:ザ・ボーイU

2016年のヒット・ホラー作「ザ・ボーイ 〜人形少年の館〜」は、最後のどんでん返しでマンネリ化したジャンルへ鋭く切り込んだが、評論家の評価は芳しくなかった。それが原因なのか、この続編ではやや異なるアプローチを取っている。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ソニック・ザ・ムービー」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「パラサイト 半地下の家族」です。

情報図書館

「アカデミー賞データ」はここをクリックして下さい

アカデミー賞データ

先月9日の授賞式に伴いデータを更新しました。


【4月号】
最新情報
「ハリウッドの陽性俳優」はここをクリックして下さい

ハリウッドの陽性俳優

「ハワイ・ファイブ・オー」のダニエル・デイ・キムが、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことをインスタグラムで公表しました。

「コロナウイルスの影響」はここをクリックして下さい

コロナウイルスの影響

オスカー女優のエマ・ストーンと婚約者のデイブ・マッカリーが、先月ロサンゼルスで予定していた結婚式を延期しました。

「エイブラムスの独占契約」はここをクリックして下さい

エイブラムスの独占契約

ハリウッド屈指のヒットメーカー、J・J・エイブラムスとワーナーメディアとの独占契約下で製作される第1弾が、映画「ピンカートン」と決定しました。

「ゼルウィガーゼルウィガーは語る」はここをクリックして下さい

ゼルウィガーは語る

伝説の女優ジュディ・ガーランドの晩年を描いた「ジュディ 虹の彼方に」で主役を演じたレネー・ゼルウィガーが、その役づくりについて語りました。


ページ最初へジャンプ




2019年の月間更新記録 最新サイト情報 Copyright (C) 2020 by Yasukazu Yokoi. All Rights Reserved.