ここをクリックすると元のページに戻ります
2016年の月間更新記録

主だった月間更新記録
ページ最後へジャンプ

【1月号】
最新情報
「ポールソンは語る」はここをクリックして下さい

ポールソンは語る

ジョージ・クルーニーらが勢揃いした「オーシャンズ11(2001)」の女性版「オーシャンズ8」へ、新たにサラ・ポールソンのキャスティングが決定しています。

「タランティーノの新作」はここをクリックして下さい

レプリカントか否か?

デッカードの正体が明かされる可能性について、「大切なのはレプリカントをめぐるミステリーを維持すること」と語りました。

「演技力No.1」はここをクリックして下さい

ヒントは誰?

銀河を舞台に家族の愛が紡がれる「スター・ウォーズ・シリーズ」、その家族へ新たな一員として加わったのがフェリシティ・ジョーンズです。

「ザ・ブラックリスト」はここをクリックして下さい

期待の続編

最近になって、このビッド・ドブキン監督作の続編が、いよいよ製作へ向けて動き出しているようです。

お先に失礼!
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」はここをクリックして下さい



ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」と比べ、本作はスピン・アウトということもあってファンの期待度が今いちだったようでありながら、出来栄えは素晴らしいものがある。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と相性」はここをクリックして下さい

映画と相性

銀幕(シルバー・スクリーン)上は仲のいい役柄を演じる俳優同士が、じっさいは必ずしも仲が良いとは限らない。また、相性が悪い俳優同士でもいい作品は多くある。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

マッツ・ミケルセン

「スター・コレクション」へ新たに「マッツ・ミケルセン」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「バイオハザード:ザ・ファイナル」です。

ブックマーク(書評)

「クロス・ザ・ライン」はここをクリックして下さい

クロス・ザ・ライン

今月の「ブックマーク(書評)」はジェームズ・パターソン著「クロス・ザ・ライン」をご紹介しています。


【2月号】
最新情報
「オスカ・レース先行馬」はここをクリックして下さい

オスカー・レース先行馬

今月(2月)26日の第89回アカデミー受賞式に先立ち、「ハリウッド最前線」の予想結果です。

「スウィフトへの非難」はここをクリックして下さい

スウィフトへの非難

ここしばらく世間はドナルド・トランプ大統領で大騒ぎですが、そのとばっちりを受けているのがテイラー・スウィフトです。

「今年のラジー賞は?」はここをクリックして下さい

今年のラジー賞は?

第89回アカデミー賞のノミネーション発表直前に恒例の第37回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネーションが発表されました。

怖~いポピンズ」はここをクリックして下さい

怖〜いポピンズ

去年の9月30日に全米公開されたティム・バートン監督の最新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」が、ようやく日本でも公開されます。

お先に失礼!
「バイオハザード:ザ・ファイナル」はここをクリックして下さい



バイオハザード:ザ・ファイナル

2002年の「バイオハザード」以来、シリーズ6作目で完結篇となる本作は、シリーズ全作のプロデューサーであるポール・W・S・アンダーソンが前作「バイオハザードX:リトリビューション」に引き続き監督も務めている。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「スプリット」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「沈黙 −サイレンス−」です。

ブックマーク(書評)
「ホエン・ブレス・ビカムス・エアー」はここをクリックして下さい

マン・コールド・オヴ

今月の「ブックマーク(書評)」はフレドリック・バックマン著「マン・コールド・オヴ」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「クラフトビールの夜」はここをクリックして下さい

クラフトビールの夜

最近はロサンゼルスと限らず日本でも増えてきたのがクラフトビールの店です。そこで、まず地ビールとも呼ばれるクラフトビールの定義とは?・・・


【3月号】
最新情報
「ウォーラー=ブリッジの新作」はここをクリックして下さい

ウォーラー=ブリッジの新作

フィービー・ウォーラー=ブリッジが、「スター・ウォーズ」のスピン・オフでハン・ソロ主役の映画へ出演することになりました。

「ジョン・ウィック第3弾」はここをクリックして下さい

ジョン・ウィック第3弾

「ジョン・ウィック:チャプター2」で主役兼プロデューサーを務めるキアヌ・リーブスが、早くも第3弾へのアイデアをまとめているようです。

「水面下の交渉」はここをクリックして下さい

水面下の交渉

現在、20世紀フォックスの新作「アンダーウォーター」へクリステン・スチュワートが出演交渉を行っています。

「リーヴス監督で決定」はここをクリックして下さい

リーヴス監督で決定

ワーナーブラザーズの新作「ザ・バットマン」の監督へマット・リーブス(写真)監督が正式決定しました。

お先に失礼!
「ジョン・ウィック:チャプター2」はここをクリックして下さい



ジョン・ウィック:チャプター2

映画館を出る時、ウキウキするような映画、たとえばかつてのヤクザ映画を思い出してほしい。映画を観終わった観客は、あたかも自分が高倉健か菅原文太になったかのごとく歩き方まで変わったものだ。この「ジョン・ウィック:チャプター2」は半世紀振りでそんな「ノリ」を思い出させてくれた。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と被弾」はここをクリックして下さい

映画と被弾

今月のテーマは「映画と被弾」、かといって映画のなかで登場人物が被弾する話ではない。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

エヴァ・グリーン

「スター・コレクション」へ新たに「エヴァ・グリーン」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ゲット・アウト」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「ラ・ラ・ランド」です。

ブックマーク(書評)

「神の小屋」はここをクリックして下さい

神の小屋

今月の「ブックマーク(書評)」はウィリアム・ポール・ヤング著「神の小屋」をご紹介しています。

情報図書館
「アカデミー賞データ」はここをクリックして下さい

アカデミー賞データ

先月の授賞式に伴いデータを更新しました。


【4月号】
最新情報
「アフレック監督の新作」はここをクリックして下さい

アフレック監督の新作

ベン・アフレックの新作「夜に生きる」は、「アルゴ」以来5年ぶりで監督主演を務めただけでなく、脚本へも自ら係わっています。

「髑髏島のラーソン」はここをクリックして下さい

髑髏島のラーソン

ブリー・ラーソンが「キングコング:髑髏島の巨神」で主演の座を射止めたのは、オスカー女優となる前です。

「4度目の正直?」はここをクリックして下さい

4度目の正直?

トム・クルーズ54歳が、「ミッション・インポッシブル・シリーズ第6弾で共演するヴァネッサ・カービー28歳との関係を噂されています。

「政界を目指すヨハンソン」はここをクリックして下さい

政界を目指すヨハンソン

スカーレット・ヨハンソン32歳は、子どもたちが大きくなったら政治の道を志すことを視野に入れていると明かしました。

お先に失礼!
「キングコング:髑髏島の巨神」はここをクリックして下さい



キングコング:髑髏島の巨神

すべてのモンスター映画は2つのカテゴリーに分けられる。1つは徐々にモンスターを登場させるカテゴリーで、もう1つは最初のほうからモンスターを登場させるカテゴリーである。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「美女と野獣」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「SING/シング」です。

ブックマーク(書評)
「エクストリーム・プレイ」はここをクリックして下さい

エクストリーム・プレイ

今月の「ブックマーク(書評)」はジョン・サンドフォード著「エクストリーム・プレイ」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「京料理」はここをクリックして下さい

京料理

京都には昔から料亭、割烹、懐石など数多くの伝統的な和食レストランがあります。そんな中でタイプの異なる店を3軒選んでみました。


【5月号】
最新情報
「スチュワートの新作」はここをクリックして下さい

スチュワートの新作

「パーソナル・ショッパー」で主演を務めるクリステン・スチュワート、女優としてだけでなくファッション・アイコンとしても活躍しています。

「ゴールドブラムの復帰」はここをクリックして下さい

ゴールドブラムの復帰

2015年、シリーズ再起動の第1弾として公開された「ジュラシック・ワールド」は、2018年6月22日に続編の全米公開が予定されています。

「デルビーニュの丸刈り」はここをクリックして下さい

デルビーニュの丸刈り

モデルで女優のカーラ・デルビーニュが、丸刈り頭で車から降りてきたところをキャッチされました。

「Mr.ビーン再登場」はここをクリックして下さい

Mr.ビーン再登場

ローワン・アトキンソンが「Mr.ビーン」の新作を計画しているようです。

お先に失礼!
「ワイルド・スピード ICE BREAK」はここをクリックして下さい



ワイルド・スピード ICE BREAK

シリーズ1作目(2000年)はB級の上といえるストリート・レーシングの映画だったかと思えば、その後、いつの間にやら世界が舞台のスパイ・アクション映画へスケール・アップし、本作で早第8弾だ。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と事故死」はここをクリックして下さい

映画と事故死

前回は「映画と被弾」と題して、私生活で撃たれながら、生存した有名人をご紹介した。しかし、撃たれて助からなかったスターもいる。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

マシュー・マコノヒー

「スター・コレクション」へ新たに「マシュー・マコノヒー」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ワイルド・スピード ICE BREAK」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「美女と野獣」です。

ブックマーク(書評)

「ザ・ヘイト・ユー・ギブ」はここをクリックして下さい

ザ・ヘイト・ユー・ギブ

今月の「ブックマーク(書評)」はアンジー・トーマス著「ザ・ヘイト・ユー・ギブ」をご紹介しています。


【6月号】
最新情報
「スナイダーの降板」はここをクリックして下さい

スナイダーの降板

DCコミックスのヒーローが集結する大作「ジャスティス・リーグ」を手掛けるザック・スナイダー監督が、製作途中の同作から降板すると明かしました。

「ペリーとスウィフトの争い」はここをクリックして下さい

ペリーとスウィフトの争い

アメリカの人気TV番組へ出演したケイティ・ペリーは、テイラー・スウィフトとの不仲説へも触れています。

「メンケンの新作」はここをクリックして下さい

メンケンの新作

ディズニー映画の作曲家として知られるアラン・メンケンが、ブロードウェイ・ミュージカル「ブロンクス物語」について語りました。

「ローレンスのポールダンス」はここをクリックして下さい

ローレンスのポールダンス

ジェニファー・ローレンス26歳が、ふしだらな姿でポールダンスをしている姿をとらえたビデオがネットへ流出し、物議をかもしています。

お先に失礼!
「エイリアン:コヴェナント」はここをクリックして下さい



エイリアン:コヴェナント

1979年のリドリー・スコットの名作「エイリアン」はその後シリーズ化され、スイス人の画家H・R・ギガーがデザインした異様なエイリアンも、今ではすっかりお馴染みとなった。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は先月に引き続き「美女と野獣」です。

ブックマーク(書評)
「ドラゴン・ティース」はここをクリックして下さい

ドラゴン・ティース

今月の「ブックマーク(書評)」はマイケル・クライトン著「ドラゴン・ティース」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「牡蠣食えば・・・・・・京都篇」はここをクリックして下さい

牡蠣食えば・・・・・・京都篇

ロサンゼルスで生牡蠣などを食べさせる本格的なシーフード・レストランといえば、以前、何軒かご紹介しました。

情報図書館
「カンヌ映画祭データ」はここをクリックして下さい

カンヌ映画祭データ

先月の授賞式に伴いデータを更新しました。


【7月号】
最新情報
「チャップリンの孫娘」はここをクリックして下さい

チャップリンの孫娘

ウーナ・チャップリンが、ジェームズ・キャメロン監督作「アバター(2009年)」の続編へ出演することを、製作会社「ライトストーム」の社長が明らかにしました。

「エアエンライクの演技コーチ」はここをクリックして下さい

エアエンライクの演技コーチ

両監督がハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクから引き出した演技へも満足していなかったため、彼のための演技コーチを雇いました。

「ゴールデン・トレーラー賞」はここをクリックして下さい

ゴールデン・トレーラー賞

予告編のオスカーとして知られる第18回ゴールデン・トレーラー賞授賞式がロサンゼルスのサバン劇場で行われ、「ワンダーウーマン」が2冠に輝きました。

「『ワールド・ウォーZ』続編」はここをクリックして下さい

「ワールド・ウォーZ」続編

「ワールド・ウォーZ」の続編企画が大きく前進しているらしく、これまでピットと何度もタッグを組んでいるデヴィッド・フィンチャーの監督で決まったとのことです。

お先に失礼!
「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」はここをクリックして下さい



ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

1932年のホラー映画「ミイラ再生」をトム・クルーズの主演で再々映画化したのが本作である。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画とタイプキャスト」はここをクリックして下さい

映画とタイプキャスト

俳優とは、どのような役柄をあてがわれようと、その役になりきる。しかし、ある役で人気を博した場合、以後の別作品でも似た役をあてがわれるといった、演技イメージの固定化による類型的なキャスティングも多い。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

ジュリアン・ムーア

「スター・コレクション」へ新たに「ジュリアン・ムーア」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「トランスフォーマー/最後の騎士王」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は先々月、先月に引き続き「美女と野獣」です。

ブックマーク(書評)

「ミルク・アンド・ハニー」はここをクリックして下さい

ミルク・アンド・ハニー

今月の「ブックマーク(書評)」はルピ・カウル著「ミルク・アンド・ハニー」をご紹介しています。


【8月号】
最新情報
「ジョンソンの新作」はここをクリックして下さい

ジョンソンの新作

ウォルト・ディズニー・スタジオは「パイレーツ・オブ・カリビアン」の成功に気を良くして、ディズニーランドの他のアトラクションを映画化してきました。

「監督デビュー」はここをクリックして下さい

監督デビュー

ブライス・ダラス・ハワードが、マシュー・クイックの小説「ソータ・ライク・ア・ロック・スター」の映画化で長編監督デビューを果たすと発表されました。

「ロバート・ヴォーンの遺作」はここをクリックして下さい

ロバート・ヴォーンの遺作

ロバート・ヴォーンの遺作となった映画「ゴールド・スター」について、主演、脚本、監督を務めたヴィクトリア・ネグリが語りました。

「ソーシャル・メディアの威力」はここをクリックして下さい

ソーシャル・メディアの威力

下着ブランド「ブルーベル」が発表した世界で最も稼ぐモデルに、カーラ・デルヴィーニュ24歳が選ばれました。

お先に失礼!
「ダーク・タワー」はここをクリックして下さい



ダーク・タワー

キング原作の映画といえば、「スタンド・バイ・ミー(1986年)」、「クリスティーン(1983年)」、「グリーンマイル(2000年)」など、映画が好きな人なら4〜5本はすぐ思いつくかもしれないが、じつは映画化された小説だけで30作以上ある。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ダンケルク」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「怪盗グルーのミニオン大脱走」です。

ブックマーク(書評)
「ウーマン・イン・キャビン10」はここをクリックして下さい

ウーマン・イン・キャビン10

今月の「ブックマーク(書評)」はルース・ウェア著「ウーマン・イン・キャビン10」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「川床の季節」はここをクリックして下さい

川床の季節

京都の夏といえば川床の季節ですが、この「川床」、場所によって読み方が違います。京都で代表的な床の中でも鴨川は「ゆか」と読むいっぽう、貴船や高雄では「とこ」が正しい読み方です。


【9月号】
最新情報
「稼ぎ頭の女優は?」はここをクリックして下さい

稼ぎ頭の女優は?

毎年、この時期恒例の米フォーブス誌による企画「世界で最も稼いだ女優」が発表されました。

「期待の新人」はここをクリックして下さい

期待の新人

「ベイビー・ドライバー」は、好きな音楽を聴けば天才的な運転テクニックを発揮する銀行強盗の逃走車の運転手が活躍するアクション・スリラーです。

「ジェンキンス監督は語る」はここをクリックして下さい

ジェンキンス監督は語る

現在、世界でヒット中の話題作「ワンダーウーマン」について、パティ・ジェンキンス監督が、ニューヨークのアップル・ストア・ソーホー開催のイベントで語りました。

「黒澤監督の影響」はここをクリックして下さい

黒澤監督の影響

第2次大戦中の1940年、フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に包囲されたイギリスとフランス軍の兵士約40万人を救出した史上最大の救出作戦の映画化「ダンケルク」。

お先に失礼!
「ヒットマンズ・ボディーガード」はここをクリックして下さい



ヒットマンズ・ボディーガード

最近は「デッドプール(2016年)」が好調だったライアン・レイノルズ、本作ではドジなところもあるけれど憎めないボディーガード、マイケル・ブライス役を演じている。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と自家用ジェット機」はここをクリックして下さい

映画と自家用ジェット機

映画俳優や監督、そしてプロデューサーの中には、移動の際、自家用ジェット機を使う者が少なくない。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

コリン・ファース

「スター・コレクション」へ新たに「コリン・ファース」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ヒットマンズ・ボディーガード」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は先月に引き続き「怪盗グルーのミニオン大脱走」です。

ブックマーク(書評)

「レイト・ショー」はここをクリックして下さい

レイト・ショー

今月の「ブックマーク(書評)」はマイケル・コネリー著「レイト・ショー」をご紹介しています。


【10月号】
最新情報
「『アバター』続編が始動」はここをクリックして下さい

「アバター」続編が始動

2009年のヒット作で、現在もなお世界興行の歴代ヒット第1位の座を守るジェームズ・キャメロン監督作「アバター」の続編4本が、いよいよ始動!

「フォイの新作」はここをクリックして下さい

フォイの新作

「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「ザ・ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ」で、英女優クレア・フォイがヒロインの筆頭候補へ挙がっています。

「誰が監督を?」はここをクリックして下さい

誰が監督を?

ジェームズ・ボンド役から降板するといわれていたダニエル・クレイグながら、結局007シリーズの最新作で再び主演を務めることが決まりました。

「コティヤールは語る」はここをクリックして下さい

コティヤールは語る

「愛を綴る女(2016年)」で、その熱烈な愛の手紙を綴る情熱的なヒロイン、ガブリエル役を演じているのはマリオン・コティヤールです。

お先に失礼!
「キングスマン:ゴールデン・サークル」はここをクリックして下さい



キングスマン:ゴールデン・サークル

「サンダーボール作戦(1965年)」を同じショーン・コネリー主演でリメイクした「ネヴァーセイ・ネバーアゲイン(1983年)」あたりで風化してしまった感がある初期の007シリーズを、「キングスマン」は彷彿とさせてくれる。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「キングスマン:ゴールデン・サークル」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「ダンケルク」です。

ブックマーク(書評)
「ロマノフ・ランサム」はここをクリックして下さい

ロマノフ・ランサム

今月の「ブックマーク(書評)」はクライブ・カッスラーとロビン・バーセルの共著「ロマノフ・ランサム」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「肉寿司」はここをクリックして下さい

肉寿司

ここ何年か、肉寿司の店が増えてきたようですが、京都も例外ではなく、立て続けに何軒かがオープンしています。


【11月号】
最新情報
「リドリーの成長」はここをクリックして下さい

リドリーの成長

イギリス人女優デイジー・リドリーが、自身へ起きた変化とファン待望の最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」について語りました。

「セクハラ映画化」はここをクリックして下さい

セクハラ映画化

カービー・ディック監督とプロデューサーのエイミー・ジーリングが、セクハラ問題に切り込む作品を製作することを発表しました。

「『ローガン』スピンオフ進行中」はここをクリックして下さい

「ローガン」スピンオフ進行中

ヒュー・ジャックマン主演作「LOGAN/ローガン」はR指定ながら予想以上のヒットとなり、公開直後から囁(ささや)かれていたスピンオフ映画の製作がいよいよ実現しそうです。

「ゴールドブラムの新作」はここをクリックして下さい

ゴールドブラムの新作

「マイティ・ソー バトルロイヤル」では、アベンジャーズの一員として地球の危機を救ってきた雷神ソー(クリス・へムズワース)が辺境の惑星サカールへ飛ばされてしまいます。

お先に失礼!
「ブレードランナー 2049」はここをクリックして下さい



ブレードランナー 2049

オリジナルのリドリー・スコット監督作「ブレードランナー(1982年)」のファンなら、このドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作である続編「ブレードランナー 2049」の幕開けはお馴染みであろう。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と反日」はここをクリックして下さい

映画と反日

ハリウッド・スターといえば映画のプロモーションで来日すると笑顔を振りまいているイメージだが、アメリカでのインタビューではけっこう反日といえる意見を述べているスターもいる。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

ケイト・ブランシェット

「スター・コレクション」へ新たに「ケイト・ブランシェット」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ジグソウ:ソウ・レガシー」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「ブレードランナー 2049」です。

ブックマーク(書評)

「オリジン」はここをクリックして下さい

オリジン

今月の「ブックマーク(書評)」はダン・ブラウン著「オリジン」をご紹介しています。


【12月号】
最新情報
「帰ってくるデッドプール」はここをクリックして下さい

帰ってくるデッドプール

ファンが長年待ち続けた「デットプール」が去年(2016年)公開されるや、3週間連続全米チャート1位というヒットを収めました。

「チャステインの新作」はここをクリックして下さい

チャステインの新作

「ソーシャル・ネットワーク(2010年)」でアカデミー脚本賞を受賞したアーロン・ソーキンの監督デビュー作「モリーズ・ゲーム」が、今月25日に公開されます。

「芸術のために死す」はここをクリックして下さい

芸術のために死す

なぜ、1997年のメガ・ヒット作「タイタニック」でジャック(レオナルド・ディカプリオ)が死ななくてはいけなかったのか?

「ローレンスの破局」はここをクリックして下さい

ローレンスの破局

ジェニファー・ローレンスが、約1年交際していたダーレン・アロノフスキー監督と破局したようです。

お先に失礼!
「キングスマン:ゴールデン・サークル」はここをクリックして下さい



ジャスティス・リーグ

ザック・スナイダー監督にとって、この「ジャスティス・リーグ」までの道は長かったようだ。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「ココ」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「ジャスティス・リーグ」です。

ブックマーク(書評)
「エンド・ゲーム」はここをクリックして下さい

エンド・ゲーム

今月の「ブックマーク(書評)」はデイビッド・バルダッチ著「エンド・ゲーム」をご紹介しています。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「京都で串揚げを」はここをクリックして下さい

京都で串揚げを

串揚げと串カツは基本的に同じですが、後者はやはり肉主体で、前者はその他の食材も含めたものといえそうです。


ページ最初へジャンプ




2016年の月間更新記録 最新サイト情報 Copyright (C) 2017 by Yasukazu Yokoi. All Rights Reserved.