ここをクリックすると元のページに戻ります
2017年の月間更新記録

主だった月間更新記録
ページ最後へジャンプ

【1月号】
最新情報
「賞レースの台風の目」はここをクリックして下さい

賞レースの台風の目

元オリンピック代表選手トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが熱演し、本年度賞レースの台風の目となっているのが「アイ、トーニャ」です。

「ヘルムズの新作」はここをクリックして下さい

ヘルムズの新作

「ハングオーバー・シリーズ」のエド・ヘルムズが、話題のコメディー作「ファーザー・フィギュアズ」について語りました。

「ワインスタインのブラックリスト」はここをクリックして下さい

ワインスタインのブラックリスト

ピーター・ジャクソンが「ロード・オブ・ザ・リング」へアシュレイ・ジャッドとミラ・ソルヴィノの出演した可能性があると明かしました。

「タランティーノの新作」はここをクリックして下さい

タランティーノの新作

クエンティン・タランティーノ監督が手がける「スター・トレック・シリーズ」の最新作へ、脚本家マーク・L・スミスが起用されました。

お先に失礼!
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」はここをクリックして下さい



スター・ウォーズ/最後のジェダイ

前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年)」にとって主な目的は、オリジナル三部作の後、フランチャイズの信仰ともいえる人気を回復させることであった。彼の努力が翌年の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年)」と相まって、本作の監督ライアン・ジョンソンへ新作の設定のための余裕を与えたといえる。

ハリウッド・ベスト10

テーマソング(エッセイ)
「映画と離婚」はここをクリックして下さい

映画と離婚

新年早々、あまり縁起のいいテーマではないが、ハリウッドといえばどうしてもこのテーマが付きまとう。そして、そのパターンにはいくつかのレベルがあって、最悪なのは泥沼化したパターンだ。そこへ親権が絡むと話はますますややこしくなる。

ポスター・ギャラリー
「スター・コレクション・ポスター集」はここをクリックして下さい

モーガン・フリーマン

「スター・コレクション」へ新たに「モーガン・フリーマン」が加わりました。

「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」です。

ブックマーク(書評)

「財務省が日本を滅ぼす」はここをクリックして下さい

財務省が日本を滅ぼす

今月の「ブックマーク(書評)」は三橋貴明著「財務省が日本を滅ぼす」をご紹介しています。


【2月号】
最新情報
「オスカ・レース先行馬」はここをクリックして下さい

オスカー・レース先行馬

来月(3月)4日の第90回アカデミー受賞式に先立ち、「ハリウッド最前線」の予想結果です。

「ワンダーウーマンのライバル」はここをクリックして下さい

ワンダーウーマンのライバル

「アベンジャーズ・シリーズ」などでスカーレット・ヨハンソン演じる女性ヒーロー、ブラック・ウィドウの単独映画がいよいよ始動しています。

「今年のラジー賞は?」はここをクリックして下さい

今年のラジー賞は?

第90回アカデミー賞のノミネーション発表直前に恒例の第38回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネーションが発表されました。

ワースト・ドレッサー」はここをクリックして下さい

ワースト・ドレッサー

先日行われた第75回ゴールデン・グローブ賞の授賞式では、「タイムズ・アップ」の呼びかけで、ほとんどのセレブが黒い衣装でレッドカーペットを歩く異例の事態となりました。

お先に失礼!
「トレイン・ミッション」はここをクリックして下さい



トレイン・ミッション

スペインの監督ジャウム・コレット=セラの最新作は、リーアム・ニーソン主演の「トレイン・ミッション」だ。ニーソンが演じるマイケル・マッコリーは元警察官で、それまで彼のことを「グッド・ソルジャー」と呼んでいた上司から突如として解雇され、保険外交員となっている。

ハリウッド・ベスト10

ポスター・ギャラリー
「アメリカの最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

アメリカの最新ヒット

第1位は「メイズ・ランナー:デス・キュア」です。

「日本の最新ヒット・ポスター集」はここをクリックして下さい

日本の最新ヒット

洋画の第1位は「ジオストーム」です。

ブックマーク(書評)
「炎と怒り」はここをクリックして下さい

炎と怒り

今月の「ブックマーク(書評)」はマイケル・ウォルフ著「炎と怒り」をご紹介しています。早くも今月(2月)28日に邦訳が早川書房より出版される予定です。

イート・イン・スタイル(レストラン・ガイド)

「L・Aでピッツァを」はここをクリックして下さい

L・Aでピッツァを

日本でピッツァといえば、もっちりとした生地が多く、イタリアやアメリカのような本格的なピッツァはありそうでありません。たとえば、京都なら少ない店の中から一昨年ご紹介した3軒に絞るのが大変でした。その点、ロサンゼルスでは多すぎて、これまた絞るのが大変です。


ページ最初へジャンプ




2017年の月間更新記録 最新サイト情報 Copyright (C) 2018 by Yasukazu Yokoi. All Rights Reserved.